TIC TAC

コラム&特集

NEW PRODUCTS

【新作登場】独立時計師・浅岡肇氏のこだわりを凝縮した「CHRONO TOKYO」 BULLSEYE(ブルズアイ)

BRAND NAME:CHRONO TOKYO

PRICE:¥180,000+税

>>>ONLINE STORE


独立時計師・浅岡肇さんがデザイン・設計する機械式腕時計「CHRONO TOKYO」(クロノトウキョウ)から、新ライン「BULLSEYE」(ブルズアイ)が登場します。

【新作登場】独立時計師・浅岡肇氏のこだわりを凝縮した「CHRONO TOKYO」 BULLSEYE(ブルズアイ)

左:ref.CT004S(フィールドグレイ)
右:ref.CT004W(シャンパン)
¥180,000+税(生産数:各色100点)


●機械式自動巻(Cal.MIYOTA 90S5)
24石、28,800振動/時、パワーリザーブ40時間
●3気圧防水 ●外径37mm.
●316Lステンレススティールケース
●ゴートレザー(山羊革)バンド

※6/23(火)1o時よりオンラインストアにて先行発売いたします。
https://www.neuve-a.net/TiCTAC/shop/c/c1001/

※6/23(火)の発売数は各色50点です。
※TiCTAC update渋谷パルコ店・TiCTAC恵比寿アトレ店・スピンドル新丸ビル店・スピンドル名鉄メンズ店で現物をご覧いただけます。

※残数の発売日は確定次第TiCTAC公式ホームページでご案内します。

独立時計師とは?歯車や振り子などの部品をはじめ、時計をゼロから作り上げる作家。世界にはそんな独立時計師が十数名ほどいますが、浅岡肇さんはその中でも、今最も注目されている一人です。



独立時計師 浅岡肇 プロフィール

【新作登場】独立時計師・浅岡肇氏のこだわりを凝縮した「CHRONO TOKYO」 BULLSEYE(ブルズアイ)

1965年生まれ。1990年東京芸術大学デザイン科卒業。その後フリーランス工業デザイナー。2011年より日本初の独立時計師として活動を開始。2013年よりバーゼルワールド(スイス)に毎年出展。2017年世界巡回展「Watchmakers:The Masters of Art Horology」に参加。顧客は世界のハイエンドマニアであり、その正統的な時計づくりが高く評価されている。AHCI(アカデミー独立時計師協会)会員。

浅岡肇さんとTiCTACの出会いは今から20年以上前。50年代スタイルの家具を製造販売するインテリアショップ「MODANICA」と制作した腕時計のデザインを、当時新進気鋭のデザイナーであった浅岡さんに依頼したことに端を発します。今見ても新鮮な「MODANICA」は、浅岡さんが初めてデザインした時計でした。
>>>参考記事:手作りとハイテクの融合から生まれる「理想の機械式時計」/現代の独立時計師、浅岡肇(VISIONARY)

【新作登場】独立時計師・浅岡肇氏のこだわりを凝縮した「CHRONO TOKYO」 BULLSEYE(ブルズアイ)

「CHRONO TOKYO」は機械式時計の入門機として、また、浅岡さんご自身が日常使用する時計として作られたもの。発想から3年以上を経て完成したこの時計へのこだわりや、完成までの経緯は、第1弾~第3弾モデルの記事をご覧ください。


>>>第1弾(2018年10月発売)
>>>第2弾(2019年6月発売)
>>>第3弾(2019年12月発売)


 
満を持しての発売となった新作「ブルズアイ」について浅岡さんに伺いました。

Q.ブルズアイとは?
A.ブルズアイとは「的(まと)」を意味する英語ですが、その名のとおり、文字盤の同心円のパターンが的を想起させることに因んでいます。また「アールデコダイヤル」と呼ばれることもあります。

私の独立時計師としての作品に「TSUNAMI」というモデルがあります。「TSUNAMI」もブルズアイの文字盤で、大変人気があり、世界中のハイエンドのウオッチコレクターから高い評価をいただいていますが、今回の「CHRONO TOKYO」 BULLSEYEの文字盤のデザインは、「TSUNAMI」のためのデザインアイディアをセンターセコンド用にアレンジしたものです。したがって、雰囲気が良く似ています。

【新作登場】独立時計師・浅岡肇氏のこだわりを凝縮した「CHRONO TOKYO」 BULLSEYE(ブルズアイ)

 ▲浅岡さんの独立時計師としての作品「TSUNAMI」



Q.CHRONO TOKYO BULLSEYEを作った動機は?
A.もともと「TSUNAMI」は自分が使うために製作した時計で、特に販売するつもりもなかったのですが、2013年のバーゼルワールド(スイスで行われる世界最大の時計の展示会)でなんとなく展示したところ、大変な反響があり、販売に至ったという経緯があります。以来、顧客への納品を優先したために、未だに自分用を持っていません(笑)。そこで、「CHRONO TOKYO」 BULLSEYEは、その代わりになる時計を作った訳です。

【新作登場】独立時計師・浅岡肇氏のこだわりを凝縮した「CHRONO TOKYO」 BULLSEYE(ブルズアイ)

Q.お勧めのポイントを教えてください。
A.「CHRONO TOKYO」シリーズの外装は完成度が非常に高いので、それに「TSUNAMI」のテイストをもった文字盤を合わせるに際しては、細かいチューニングをしています。その結果、ブルズアイというオーセンティックな様式の中に、現代的な洗練を込めることが出来たと思います。

Q.製品化にあたって苦心した点は?
A.何と言っても、文字盤を2色に塗り分けることが難しいです。前回の「クラシック」の文字盤も2色の塗分けになっていたので、実は、その技術を応用しています。つまり、クラシックでの実績が、ブルズアイの展開に繋がったわけです。

【新作登場】独立時計師・浅岡肇氏のこだわりを凝縮した「CHRONO TOKYO」 BULLSEYE(ブルズアイ)

Q.その他の変更点はありますか?
A.今回、ベルトの素材をカーフからゴート(山羊)に変えています。革の肌理が細かく、黒の色合いが濃いので、引き締まった印象があり、ブルズアイとのマッチングも良いと思います。あわせて、今回も装着感を重視して誂えました。

  • Category:OTHER
  • Date:19.06.2020