TIC TAC

腕時計に思いをのせて。大切な人へ腕時計を送るリアルストーリーズ

Episode04 弟 → 兄へ

腕時計に思いをのせて。大切な人へ腕時計を送るリアルストーリーズ Episode04 弟 → 兄へ
荒井良太(りょうた)さんと賢太(けんた)さんは2歳違いの弟と兄。お互いスポーツが大好きで、学生時代には弟の良太さんはバスケ部、兄の賢太さんはテニス部に所属。舞浜の海浜公園は、中学生の頃にバスケのパス練習に付き合ってもらった思い出の場所です。この2人、すごく仲良しに見えるけれどケンカとかしなかったのでしょうか?
荒井良太(りょうた)さんと賢太(けんた)さん

子供の頃は家でゲームをしていると、しょっちゅうケンカみたいになりましたね。サッカーとか格闘ゲームで、ボクが負けそうになるとズルしたりして。それを兄が許さないんですよ。ちょっとした言い争いから取っ組み合いみたいな感じになって、その日の夕飯の食卓ではお互い口もきかない。でも、翌朝になるとケロッと忘れて元どおりです(笑)

荒井良太(りょうた)さんと賢太(けんた)さん

男2人の兄弟って、やっぱり相手に負けたくないからケンカになったりするもの。でも、あとには引きずらない。兄の賢太さんは、弟の良太さんにとってずっと憧れの存在だったとのこと。

荒井良太(りょうた)さんと賢太(けんた)さん

今は事務所に所属していませんが、小学生の頃から兄は子役として活動していたんです。北野武監督の映画『菊次郎の夏』とか、東映の戦隊シリーズのテレビ番組にも出演していたり。ファッションが好きで、いつもオシャレな髪型と服装でした。そんな兄を真似したりしていました。

荒井良太(りょうた)さんと賢太(けんた)さん

久しぶりに2人で訪れた、懐かしの海浜公園。バスケットボールひとつあれば、いつでも“あの頃”に戻って兄弟の絆を確かめあえる。やっぱり男の兄弟って、こうありたいものです。

荒井良太(りょうた)さんと賢太(けんた)さん

ずっと家族思いの兄で、誕生日には欠かさずプレゼントを贈ってくれていました。欲しかったiPodをもらったときの嬉しさをよく覚えています。兄は結婚を視野に入れていて、いま物件を探している最中なんです。家を離れる日もそう遠くないので、これまでの感謝とこれからの幸せを祈って腕時計をプレゼントしたいと思いました。

TiCTAC 秋葉原店スタッフ、荒井良太。
そろそろ結婚というタイミングの兄に、
フォーマルな席でも通用する雰囲気の
イッセイ・ミヤケを選びました。

良太さんが贈った時計はコチラ >

TiCTAC 秋葉原店スタッフ

腕時計は、時を刻むアイテム。
大切な人と過ごした時間や、これから過ごす時間への想いが込められるもの。
あなたの気持ちを伝える腕時計を、探してみませんか?

ウォッチギフトのエキスパートがここにいます。
TiC TAC

Archive