TIC TAC

コラム&特集

COLMUN&FEATURE

連載コラム/ガンダーラ井上の「時計 なんて、時計だって」 普通の顔して、実は流行のシリコン系。ボーム&メルシエの実力派モデル

普通の顔して、実は流行のシリコン系。ボーム&メルシエの実力派モデル

 この腕時計は、ボーム&メルシエというブランドの品物です。聞き覚えがないと思われる方も多いかもしれませんが、その歴史は古く創業は1830年。スイスの時計ブランドとして、機械式の腕時計を現在も作り続けています。

普通の顔して、実は流行のシリコン系。ボーム&メルシエの実力派モデル

これが、その中身。オーソドックスなカレンダー付きの機械式のムーブメントで、手を抜くことなくしっかり作られている印象です。その組み立て方も伝統的な手作業でコツコツと進められているのでしょう。

普通の顔して、実は流行のシリコン系。ボーム&メルシエの実力派モデル

これは、昭和時代のボーム&メルシエ。手巻きの2針モデルで僕のパートナーの持ち物を借りて撮り下ろしてみました。控えめでエレガントな印象は現代のモデルに受け継がれていると思います。この時代から機械式腕時計なんて特に進歩してないのでは? と思ったら実は大間違いなんです。

普通の顔して、実は流行のシリコン系。ボーム&メルシエの実力派モデル

はい、これが新作のクリフトン ボーマティックの裏面です。自動巻きのロータ越しにチラリと見えるテンプと呼ばれる心臓部。この辺りに革新的な素材が用いられているそうです。

普通の顔して、実は流行のシリコン系。ボーム&メルシエの実力派モデル

ムーブメントを全部バラバラにしてみたところ、こんな部品の構成になっているんですね(良い子のみなさんは真似しないでください)。さて、さっき腕時計の裏面からチラ見えしていたパーツはどこにあるでしょう?

普通の顔して、実は流行のシリコン系。ボーム&メルシエの実力派モデル

答えは、左から3列目。この4つの部品のうち一番上のテンプ、3番目のアンクル、4番目のガンギ車にはシリコンが素材として用いられています。正確に記せばテンプを往復運動させるヒゲゼンマイという超精密なバネがシリコンでできています。アンクルやガンギ車の本体もシリコン製。

普通の顔して、実は流行のシリコン系。ボーム&メルシエの実力派モデル

シャンプーの世界ではノンシリコンが話題ですが、機械式腕時計のトレンドはシリコン系なのです。ステンレス合金のヒゲゼンマイや鋼鉄製のアンクル・ガンギ車は磁気おびによる精度の低下のリスクがあったけれど、シリコンなら心配無用。シリコン部品は磨耗を防ぐための注油は不要なので精度が長期にわたり保持されるからオーバーホールの間隔が長くてもOK。シリコン系の心臓部は機械的な抵抗が少ないので、パワーリザーブも120時間を達成! といいことづくめなのです。

普通の顔して、実は流行のシリコン系。ボーム&メルシエの実力派モデル

特に、シリコンは磁化されないというのはメリットが大きいと思います。スマホには強力な磁石で音を出すスピーカーが搭載されていますし、磁石で開閉させる機構を内蔵したガジェット(ノートPC、タブレットのケースからスマートウォッチの尾錠にまで!)も溢れかえっていて、うっかり一緒にしてしまうとアウトです。機械式腕時計も、このような環境の変化に応じて生き残るべく進化しているんですね。

------------------------------
「BAUME&MERCIER」CLIFTON - 10436 ¥330,000+tax  詳細はコチラ>>>「スピンドル新丸ビル店」で取扱いしております。スピンドル新丸ビル店>>>

  • Category: 連載コラム/ガンダーラ井上の「時計 なんて、時計だって」