TIC TAC

BLOG

Buyer & Press

自分を磨く腕時計 ③歴史を身に纏う「STOWA」

こんにちは、PR担当です。ボーナスでぜひお求めいただきたい「自分を磨く」名作腕時計をご紹介する連載、第3弾です。
 
自分を磨く腕時計③
歴史を身に纏う
生死を分ける状況における操作性や視認性を極めた機能美。
ドイツ空軍制式時計製造の歴史を持つ、老舗ドイツブランドの機械式腕時計。
STOWA

 1940年に独「STOWA」社が製造したドイツ空軍の制式腕時計。ケース径55mm.とかなり大きなサイズでフライトジャケットの上からでも装着できる仕様、グローブを着けたまま操作できるようリューズが大きいのも特徴です。見やすさを優先してデザインされたインデックスと針には、夜間や暗所での視認性を確保するため夜光塗料を塗布しています。当時ドイツ軍から受注していたのはドイツの「STOWA」「A.ランゲ&ゾーネ」「LACO」「ヴェンペ」、スイスの「IWC」の5社。5社が同じ仕様で製造しており文字盤にブランドの表記はありませんでした。
 
 航空機に満足な計器が備えられていなかった時代、腕時計は飛行時間を計測して距離や燃料を割り出すための重要な計器でした。生死を分ける戦時のコックピット、その苛酷な環境下において正確に時を刻み、見やすく扱いやすく壊れにくい「計器」としての機能性を極めた腕時計が、すなわち軍用パイロットウオッチなのです。

 「STOWA」社が、このドイツ空軍制式モデルを原点として現在も製造している「Flieger」シリーズ。今年創業90周年を迎え、限定仕様の記念モデルをリリースしました。

STOWA  90周年限定モデル タイプA  ¥180,000 +TAX
1940年ドイツ軍制式モデルの型番「FL23883」をケースサイドに刻印、夜光塗料にスーパールミノバの ヴィンテージカラー「Old Radium」を採用し、原点となった軍用時計をイメージさせる仕上がりとなっています。各モデル世界90点限定、ケース裏面にシリアルNO.が刻印されています。

日本での取扱は手巻きの4モデル、他のモデルはコチラでご紹介しております。
 「STOWA 90周年限定フリーガー」 
(「Small Second 41mm.」以外は入荷いたしました。)
 
限定モデルにつき完売の際はご容赦ください。

【BACK NUMBER】
 自分を磨く腕時計 ①既成概念を捨てる「EONE」
   自分を磨く腕時計 ②存在感を放つ「VENTURA」(HAMILTON)
 
【OTHER CONTENTS】
 「WATCHES MADE IN GERMANY」
 「腕時計、こだわりの理由。」 
 「漢(オトコ)の腕時計ここにあり!」
 
7月31日(月)までお得なボーナス企画開催中です。
詳しくはコチラ

  • Category:Buyer & Press
  • Date:29.06.2017